沖縄県エリアの「新築」工務店情報

沖縄県では、台風に強い家作りを行うのが主流です。そのため、丈夫なイメージの強い鉄筋コンクリート造の家を建てたいと考える人が多いのです。鉄筋コンクリート造の家は、確かに強く頑丈で、台風だけでなく火災や地震にも強く、耐久性もあります。さらに気密性、遮音性も高く、コンクリートは型枠次第で自由に形を作れるので、狭小地への建設にも適しています。しかしコンクリートは頑丈ですが、熱を通しやすいというデメリットもあるので、遮熱対策をしっかりと施す必要性があります。
また、沖縄では最近になって木造住宅への関心も高まってきています。先人たちの知恵が溢れた琉球建築の木造住宅の良さが、地元の人たちを中心に注目され始めているのです。丈夫さではコンクリートに負けてしまいますが、熱伝導率はコンクリートの10分1ほどしかなく、沖縄の暑さ対策に適しています。沖縄で家を建てる際はこうした点に配慮しながら工務店を探してみて下さい。

沖縄県エリアの「新築」最新施工例

沖縄県エリアのイベントを見る

  • 終了 沖縄県

    「ちょ~どいぃさ~この広さ」完成見学会\(^o^)/