永代ビルダー塾とは

永代続く優良工務店を育成するための『工務店専門の経営塾』


永代ビルダー塾

永代ビルダー塾とは、日本最大級の工務店ネットワークであるジャーブネットによって誕生した工務店(ビルダー)専門の経営塾です。

永代ビルダー塾の“永代”という言葉には、ジャーブネット主宰宮沢俊哉が語った「地域の工務店(ビルダー)としての最大の責任は永代にわたる顧客への家守りであり、我々工務店(ビルダー)自身が不断の努力で経営力を高めることで、永代続く優良な工務店(ビルダー)になる必要がある。」という想いが込められています。




永代ビルダー塾の目的は?


永代続くために必要な経営力を養うこと

ジャーブネットの優良会員や運営母体である(株)アキュラホームが実践の中から培ってきたノウハウをプログラム化し、地域において永代続くために必要な経営力を養うことで優良工務店(ビルダー)になることを目指します。





元請注文住宅事業で年間30棟・売上6億・経常6千万円(10%)
安定受注・安定経営のできる永代続く優良ビルダーを目指す
※業績目標はあくまで目安であり、経営環境に合わせて各社がそれぞれ設定します



永代続く優良ビルダーに必要な経営力とは?



『経営者の経営哲学・経営理念
競争優位を実現する経営戦略
継続的な改善活動(PDCAサイクル)によるスパイラルアップを
  実現する経営管理

同じ目線を共に追い求める経営パートナーとしての社員
  の存在


我々が考える「永代続くために必要な経営力」は、経営体質を強化する各要素の集合体です。
そしてこれらの要素は知識習得と実践の双方を通じてコツコツと積み上げていくものです。