工務店経営者の方

家を建てるなら、こだわりを持つのはどのポイント?

一生に中で最も大切で大きな買い物がマイホームだといわれています。家族のために自分の家を持つというのは、多くの人にとって目標となっているのかもしれません。でも、それぞれの人に、自分の家に対するこだわるポイントってありますよね。せっかく建てるのですから、ここだけは譲れないといったこだわりがあっても不思議ではないでしょう。そこで、マイホームを建てるとき、どこを重視するかについて、アンケートをとってみました。

【質問】家を建てる時、最もこだわるポイントは?

【回答数】
水回り:12
間取り:40
リビング・ダイニング:9
収納:21
外観・デザイン:6
その他:12



家族構成や生活様式にあった間取りがポイントです
アンケートの結果、間取りと答えた人が最も多く、4割に達しました。

・家族の人数に応じた部屋数は確保したいので、間取りは重要だと思う。(50代/女性/専業主婦)
・子どもがいるので、子供部屋含めて最低3LDKはほしいなって思います。(30代/女性/パートアルバイト)
・間取りのバランス、部屋数、一部屋の広さを重視するので、間取りが重要です。(40代/女性/専業主婦)
・家族が一緒に安心して生活が出来るように間取りにはこだわりたいです。(30代/女性/パートアルバイト)
・間取りだけは、建てたあとからだとどうにもできないことが多いと思うから。(30代/女性/専業主婦)

家を建てる際に一番重要視するのが間取りだという意見が最も多い結果になりました。家族構成に合った間取りの家を購入し、満足できる部屋の使い方をしたいという考えがうかがえます。子供用の部屋、家族のコミュニケーション、そして将来のことまで踏まえた間取りが家を選ぶ際の大切なポイントなのでしょう。長く住む家だからこそ、家族のみんなが安心して過ごせることを優先しているようです。


収納へのこだわり?それとも毎日使うところ?
2番目には収納、そして水まわり、リビング・ダイニング、外観・デザインという順となりました。

・いかに多くの収納を確保するかです。でないと物が散乱する家になっちゃう(30代/女性/パートアルバイト)
・物が溢れると厄介ですし、収納のための家具を置くと狭くなるので、元の収納が大事だと思います。(50代/女性/パートアルバイト)
・今まで狭いお風呂で我慢してきたので、お風呂、トイレは絶対に自分の納得のいくものを作りたいです。(40代/女性/契約派遣社員)
・リビング・ダイニングは家族が過ごす時間が一番長い場所だからです。くつろげる空間になるよう、こだわりたいです。
 (40代/女性/専業主婦)
・お家の顔だし、その人のセンスはがあらわれると思うから。また、デザインのよい家に住めば気持ちも上がるから。
 (30代/女性/パートアルバイト)

収納スペースがたくさんある家は住みやすいという人も多くいることが分かりました。せっかく建てた家ですから、物を整理整頓しておきたいと考えるのも頷けます。収納場所が多いとスペースを有効に使えることも理由のようです。また、キッチン、バス、トイレなど水まわりを優先すると答えた人からは、毎日使う場所だからこそ重要だという考え方がうかがえます。その一方、家族が集うリビングで過ごす時間が一番大切だという意見や、最初に目につく外観が大事だという意見も寄せられました。


人それぞれ、家に託す想いは違っても、家族の幸せが最も大切です
大切なマイホームを購入する際、どの場所が大切かは誰もが真剣に考える重大テーマといえるでしょう。毎日の生活の場になる我が家を少しでも過ごしやすい空間にするため、それぞれの立場から異なった意見が寄せられました。間取りを選ぶ意見が多かったのは、家族の一人一人の顔を思い浮かべて出した回答でしょう。水まわりやリビングは、一日の中でどんな時間を過ごすかについて考えたうえでの選択かもしれません。どの場所を重要視するかは別にして、家族が幸せに暮らせることを大切にするという共通点がそこにあるようですね。
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20-29、30-39、
40-49、50-59、60
■調査期間:2015年07月08日~07月22日
■有効回答数:100サンプル