工務店経営者の方

予算に制限がないなら!?理想の家を建てる費用はどのくらい?

マイホームを建てる時は、自分や家族の要望をできるだけ取り入れ、みんなが喜ぶステキな家に住みたいと誰もが思いますよね。でも現実には、貯金や住宅ローンの借入額と相談し毎月の返済額を考え、不本意ながら妥協する項目も出て来るかもしれません。
ホントは、もう少し部屋数を増やしたかった、広々したリビングのある家にしたかったなどと、思われた人もいるかもしれませんね。そこで、今回は予算の制限を考えずに、ホントは建てたい!?理想の家のためにはお金がどれほど必要なのかアンケートを取り、皆さんの作りたかった家について本音を語ってもらいました。

【質問】自由な予算で理想の家を建てるならどれくらいお金が必要?

【回答数】
1000万円~3000万円:11
3000万円~5000万円:25
5000万円~7000万円:21
7000万円~1億円:9
一億円以上:34



こだわりの家を建てるなら、億単位!一億円以上が最も多い!
アンケートによれば、最も多かった回答が「一億円以上」となりました。

・庭と屋上かベランダにドッグラン。プールも欲しい。部屋はもちろん広いのが理想。(30代/女性/パートアルバイト)
・土地代も含めるともっと必要です。設備もいろいろ便利なものを揃えたいです。(40代/女性/専業主婦)
・私の理想を完璧に反映した家を建てるとしたら多分1億以上ないと無理かもしれません。(40代/女性/契約派遣社員)
・細かい部分にもこだわりが出てきそうなので気づいたら一億円以上いってるかもしれないと思いました。(20代/女性/学生)

ドッグランやプール、広い部屋など具体例をあげた人もいましたが、細部までこだわってあれこれ理想に近づけると、1億円以上は必要という意見が多く見られました。インテリアやエクステリアの素材にホンモノをふんだんに使い、設備関連機器に最上級品を選んだだけでも簡単に一億円を突破するかもしれませんね。
また、便利なところに住もうと思ったら土地代だけでも相当かかるという意見もあり、建物まで入れたら数億円でも足りないようです。


現実的思考派!?5千万円や7千万円までの回答など意外と多い!
アンケートの結果、2番目が「3000万円~5000万円」で、「5000万円~7000万円」、「1000万円~3000万円」そして「7000万円~1億円」の順となりました。

・広さはさほど求めていませんが、壁や車庫、室内の洗濯物干場など、こだわりたい事が幾つかでてくるので、
 これくらいは必要かなと思いました。(20代/女性/パートアルバイト)
・5000~7000万というところではないですか、それ以上では現実的でないように思います。(50代/男性/会社員)
・こちらの相場は、注文住宅でも3000万円はかからないので、3000万円出せば、かなりの要望が通ると思います。(30代/女性/専業主婦)
・まぁ、土地代入れると8千万ぐらいないと理想の家は建てられないですね。(30代/男性/会社員)

「3000万円~5000万円」と回答した人では、豪邸というよりは普通の家で車庫や洗濯物干場など、あると便利と思えるものを付加した仕様を望む意見が多く、なんでもありの豪華さより質の高い普通さを求めている様子がうかがえました。「5000万円~7000万円」と答えた人も同様な傾向が見られました。
「1000万円~3000万円」や「7000万円~1億円」の回答例では、地域による相場が大きく影響しているようで、市街地か郊外による違いでも、必要と思う費用は大きく変わって来るようです。


理想の家なら億単位!でも豪邸ばかりが理想の家じゃない!
今回のアンケートでは、理想の家を建てるなら一億円以上必要と考えている人が全体の3分の1で最も多いことが分かりました。意見からは、豪邸やお城のような家が理想と考えたり、ホンモノ志向を極めたい様子がうかがえました。とは言え、残りの3分の2の人はどちらかと言うと、これまでより利便性が高く上質な普通の家を望んでいる傾向が見受けられました。
豪邸も理想の家のひとつのカタチですが、多くの人にとっては、ごく普通だけれど心から満足できる家が「理想の家」なのかもしれませんね。
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20-29、30-39、
40-49、50-59、60
■調査期間:2015年07月08日~07月22日
■有効回答数:100サンプル